​パッション
パッション.jpg

『パッション』(原題:The Passion of the Christ )は、2004年アメリカ映画。イエス・キリストが処刑されるまでの12時間を描く。メル・ギブソンが構想12年、製作費2500万ドルには私財を投じ、イタリアのチネチッタ・スタジオで撮影して完成。

新約聖書で知られる、イエス・キリスト受難と十字架刑、復活を描く。原題は、英語で「キリストの受難」という意味。出演者全員のセリフは、全編アラム語とラテン語。イエスへの拷問場面は凄惨で、アメリカではこの映画を鑑賞していた女性が心臓発作を起こして死亡する事故が起きる。
日本のマスコミがそのことを報じたこともあってクリスチャン以外の世界でも話題となり、その結果、13憶円を超える興行収入となった。映画「パウロ」でルカを演じたジム・カヴィーゼルが、イエス・キリスト役を熱演。映画「パウロ」についての全米カトリック学生たちへの講演の中で、「パッション」の製作話を披露している。参考⇒神の恵みとその裏話

オレンジ.jpg

2004年製作/127分/PG12/アメリカ・イタリア合作

原題:The Passion of The Christ

配給:日本ヘラルド映画

​ナザレのイエス
ナザレのイエス.jpg

新約聖書のイエス・キリストに焦点を当て、キリストの誕生から十字架、復活を描く。監督は「沈黙」のフランコ・ゼフィレッリ。出演は超豪華人。イエス役のロバート・パウエル、マリア役のオリヴィア・ハッセー、他、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。1980年8月2日に、短縮版(195分版)を東宝東和が劇場公開。2003年にいのちのことば社、ライフ企画からDVDオリジナルの完全版(6時間22分)が発売された。

オレンジ.jpg

1977年製作/イギリス・イタリア合作

原題:Jesus of Nazareth

配給:東宝東和 いのちのことば社 ライフ企画(DVD)

​サン・オブ・ゴッド
サンオブゴッド.jpg

聖書を題材にした全10話のミニシリーズとして2013年に米ヒストリー・チャンネルで放送され、全米で反響を呼んだドラマ「ザ・バイブル」を映画化。イエス・キリストの誕生から復活までを、壮大なスケールで描く。主演はその端正なルックスで注目を集めたポルトガル出身のディエゴ・モルガド。公開時、あまりにも素敵すぎると話題になった。聖書に保守的な考え方をする方でも感動する作品。

オレンジ.jpg

2014年製作/138分/G/アメリカ

原題:Son of God

配給:ブロードメディア・スタジオ

​偉大な生涯の物語
偉大な生涯の物語.jpg

イエス・キリストの生涯を描いた代表的な映画の一つ。企画・監督はジョージ・スティーブンス(数シーンはアラビアのロレンス、ドクトル・シバゴのデーヴィッド・リーンが担当)。

マックス・フォン・シドーがキリスト役でハリウッドデビューし、当時の映画スター多数(チャールトン・ヘストン、ロディ・マクドウォール、ヴァン・ヘフリン、サル・ミネオ、シドニー・ポワチエなど)が共演していることも話題になった。本編は70mmシネラマ・ウルトラ・パナビジョン70システムで撮影され、1965年2月15日にニューヨークで公開された。

フルトン・アワスラーの小説『The Greatest Story Ever Told, 1949年出版』を原作としている。字幕は、当会の小川代表が担当。

リンゴ.jpg

1965年製作/アメリカ

原題:The Greatest Story Ever Told

配給:ユナイテッド・アーチスツ

​キングオブキングス​
キングオブキングス.jpg

「真昼の欲情」のフィリップ・ヨーダンのオリジナルシナリオを「バレン」のニコラス・レイが監督したキリストの生涯を描く大作。撮影はフランツ・プラナーミルトン・クラスナーの協同で、音楽はミクロス・ローザの担当。27年のセシル・B・デミル監督によるキリスト伝のリメイクといわれている。、ノー・スター配役で、出演者はジェフリー・ハンターロバート・ライアンブリジッド・バズレンなど。製作はサミュエル・ブロンストン。ナレーターはオーソン・ウェルズ。50年以上経った今見ても全く古さを感じさせないさ作品。

リンゴ.jpg

1961年製作/アメリカ

原題:King of Kings

配給:MGM映画

​復活​
復活.jpg

古代ローマ。イエス・キリストを処刑した百人隊長クラヴィウス(ジョセフ・ファインズ)のもとに、イエスの遺体が消えたとの報告が届く。エルサレムでの反乱の気運と、高まるメシア復活の噂を鎮めるため、ローマ総督ピラト(ピーター・ファース)から調査を命じられたクラヴィウスは、イエス(クリフ・カーティス)の弟子たちが遺体を隠したと確信し、遂に隠れ家に踏み込む。だがその場で呆然と立ち尽くすクラヴィウス。なぜならそこには彼が十字架に張りつけたはずの“あの男”がいたからだった。

オレンジ.jpg

2016年製作/107分/アメリカ

原題:Risen

配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

奇跡の丘.jpeg

「カンタベリー物語」「ソドムの市」「デカメロン」等の映画を製作したピエル・パオロ・パゾリーニ監督によるイエス伝。きっと、イエスをふざけて描いているのではと先入観を持つが、地味な真面目なイエス伝。ヴェネツィア国際映画祭の審査員特別賞、国際カトリック映画事務局賞を受賞。「マタイによる福音書」に基づいて処女懐胎、イエスの誕生、イエスの洗礼、悪魔の誘惑、イエスの奇跡、最後の晩餐、ゲッセマネの祈り、ゴルゴダの丘、復活のエピソードが描かれている。

バナナ (1).jpg

1964年製作/137分/イタリア・ フランス合作映画
原題:Il Vangelo Secondo Matteo
配給:東和

​イエスと二人のマリア

イエスと二人のマリア.jpeg

本作では、マグダラのマリアと母マリアが幼なじみで、ヘロデ王の妻ヘロデヤが二人の人生を左右していく悪の象徴として設定されているなど、大胆な脚色がされている。結婚前に身ごもっていることで陰口を言われながらも、天使のことばを信じて、神に従っていこうとする母マリアと、この世の誘惑に負け、ヘロデヤの策略にはまっていくマグダラのマリア。そして神を信じて従った母マリアは最愛の息子イエスを失うという思わぬ試練に会い、一方マグダラのマリアは姦淫の女となって、イエスの前に連れ出され、罪を赦されるという体験をする。二人のマリアの描き方とは対象的に、後半でイエスの生涯が聖書に忠実に描かれている。そして、イエスが処刑され、恐れ隠れている弟子たちに、母マリアが子どもの頃に迷子になったイエスのエピソードを語り出す。映画「ドクトル・ジバゴ」の監督でもあるジャコモ・カンピオッティの見事な演出だ。

オレンジ.jpg

2003 年製作/204分/ドイツ・イタリア
原題:MARIA DI NAZARET
配給:いのちのことば社 ライフ企画/アットエンタテイメント

Lumoマタイ・マルコ・ルカ・ヨハネ

LUMO マルコ.jpg

LUMOは、4つの福音書(マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネ)の実写化。ナレーションは聖書のみことばをそのまま朗読。入門者にもわかりやすいリビングバイブル訳を使用。

オレンジ.jpg

2017年製作/アメリカ

原題:Lumo

配給:OneHope

​ゴルゴダの丘
ゴルゴダの丘.jpg

キリストのエルサレム入城から、最後の晩餐、ポンティオ・ピラトのやり取り、ペテロの3度のイエスの否定、ビアドロローサ、ゴルゴタの丘で十字架、百人隊長の回心、キリスト埋葬、そして復活、エマオのエピソードを映画化。イスカリオテのユダがイエスを裏切る心情も良く描かれている。カイザルコインのエピソードやクリスマスも取り上げられている。ナザレのイエスをロベール・ル・ヴィギャンが、ピラト総督をジャン・ギャバンが演じた。フランス語での珍しいイエス伝。

バナナ (1).jpg

1935年製作/95分/フランス
原題:Golgotha

ゴスペル・ロード
ゴスペルロード.jpeg

カントリー。ウェスタンの大御所で、映画「海嶺」にも出演したジョニー・キャッシュが制作。この映画はヨハネの福音書に基づいて作成された。福音の基本的な教えを、俳優にセリフを演じさせる代わりに、ジョニー・キャッシュの歌とナレーターションで描いている。ラストにニューヨークで十字架にかかるイエスが出てくるが、その意味は…。この映画では、ロバート・エルフストロームがイエスを、ジューン・カーター・キャッシュがマグダラのマリアとして出演。ジョニー・キャッシュ、ジューン・カーター・キャッシュ、クリス・クリストファーソンの曲を随所で聴くことが出来る。なお、ジョニー・キャッシュの半生を描いた映画には「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(Walk the Line)」がある。

オレンジ.jpg

1973年制作/93分/アメリカ
現代::Gospel Road
配給 :ワールドワイド映画

ビジュアル聖書「マタイの福音書」
マタイの福音書.jpg

リガート・バンテンベルグが監督。福音記者マタイの目を通して見たイエス・キリストを描く。ビデオの吹替版は新改訳第二版を使用のため、不愉快語があり、DVDでは字幕版のみとして新改訳第三版を使用。英語字幕はNIV。リアルタイムで聖書箇所を画面右下にクレジット。これまでのイエス像を一変。いつも優しい微笑を浮かべている「柔和な愛の人」としてブルース・マルチアーノが演じている。「ツァラアト(重い皮膚病)」の人の顔を見たときのイエスは、その苦痛を吸い取るような哀しいまなざしで、彼を見つめ、「つらかっただろう」とささやいているようだ。そして丁寧にその変形した顔を両手で包む。癒された彼が飛び上がって喜ぶと、イエスも彼と抱き合って、地べたを転げまわって歓ぶイエスの姿があった。そして、十字架へと…。

オレンジ.jpg

1993年製作/250分/アメリカ
原題 The visual Bible The Gospel of Matthew

発売:いのちのことば社 ライフ企画

​ビジュアル聖書 「ヨハネの福音書」
ヨハネの福音書.jpeg

この作品の特徴は、タイトルが示すとおり、ヨハネの福音書を忠実に再現している。ビジュアル聖書シリーズの一つ。台詞もナレーションも、すべて聖書そのまま(Good News Bibleによる)。ドラマチックにするための脚色や、ひねりを利かせた解釈も一切なし。ヨハネの福音書1章から21章までを、編集せず、カットせず、聖書に記録されているとおりの順番で、まるまる映像化した作品だ。本作品のイエス(ヘンリー・イアン・キュージック/テレビドラマ『LOST』のデズモンド役でお馴染み)は、一見、理知的で穏やかに見える。

オレンジ.jpg

2003 年製作/180分/アメリカ
原題:The Gospel Of John
配給:いのちのことば社 ライフ企画/アットエンタテイメント

ジーザス
ジーザス.jpg

1979年のアメリカ映画。映画監督ジョン・ヘイマン制作、新約聖書の「ルカによる福音書」を忠実に映像化することによりイエス・キリストの生涯を描いた異色作。聖書と史実に忠実であることを目指して制作された。聖書学者、考古学者約200名が動員され、ロケ地も実際の場所で行うためにキリストの時代には存在しなかったユーカリの木や電柱などは一時的に移動して撮影され、出演者やエキストラの大部分にユダヤ人やアラブ人を多数起用した。またこの映画は70以上の言語に翻訳され、全世界で58億人が鑑賞したという。この映画の最大の特徴は、極力聖書と史実に忠実であることを目指したこと。オリジナル版は“The Genesis Project, New Media Bible”(映像による聖書)
として、各総5時間にもわたる大作「創世記」「ルカの福音書」として、いのちのことば社より発売された。ジーザスは「ルカの福音書」の劇場用編集版。

リンゴ.jpg

1979年製作/116分/アメリカ
原題 Jesus
発売:キャンパス・クルセード

ジーザスクリスチャン・ベイル
ジーザス イエスの母マリア.jpg

2013年公開の『アメリカン・ハッスル』で第86回アカデミー賞主演男優賞、2015年公開の『マネー・ショート 華麗なる大逆転』で第88回アカデミー賞助演男優賞を受賞したクリスチャン・ベイルがイエスキリストを演じる。原題が、「イエスの母マリア」。母マリアに焦点を当てて展開をしていくので、聖書にはないシーンも多い。また、イエスの生涯としては、88分の短さもあり、物足りなさを感じるかもしれない。それでもイエスの十字架のシーンは、かなり生々しく、それを目にする母マリアの苦しみには涙するはず。

バナナ (1).jpg

1999年製作/88分/アメリカ
原題:Mary, Mother of Jesus
発売:AMGエンタテインメント

ムービー・オブ・ジーザス
ムービーオブジーザス.jpg

ロジャー・ヤング監督がSFXを使って描いた異色のイエス・キリスト物語。大工の息子として育ったイエスは、メシアとして自分の使命に目覚めていく。一方、ダビデの王位が与えられると預言を受けた母マリアは、イエスにその使命を果たすように促す。イエスは自分の使命を理解し、十字架への道を選んでいく。サタンはそうさせまいと働きかけた。サタンは未来を見せ、イエスに十字架にかかっても人々は救えないと誘惑する。しかしイエスは…。十字架にかかるイエスを目のあたりにしたマリアは、イエスの本当の使命を悟るのだった。そして、イエスは3日後に蘇った。英語版はかなり現代的な会話なので、字幕版を製作せず、聖書のことばに近い会話に意訳した吹替版のみを発売。イエス・キリストは、「白い嵐」に出演したジェレミー・シスト、ピラトをゲイリー・オールドマン、など豪華俳優が演じている。一般では、「JESUS 奇蹟の生涯」として販売。

オレンジ.jpg

2004年製作/160分/アメリカ フランス イギリス イタリア ドイツ スペイン チェコ 
原題:Jesus
発売:いのちのことば社 ライフ企画/アルバトロス

The Chosen
The Chosen.jpg

クラウドファンディングによって実現した世界最大の映画プロジェクト。ティーンエイジャーにもアピールできるイエスの物語を作りたいとの思いから、1,000万ドル(日本円にすると約10億円)以上の寄付が世界中から寄せられて完成したイエス・キリストのドラマシリーズ。

バナナ (1).jpg

原題:The Chosen/2017年製作/アメリカ
配給:Lifehouse Okinawa

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オレンジ.jpg

​当団体がかかわったお勧め映画

リンゴ.jpg
​お勧め映画
バナナ (1).jpg

​ご紹介映画

 
 

*ポスター画像をクリックすると,ホームページ、予告編のWebサイトが開きます。(全てではありません)

 
 

クリスチャン映画 Information