top of page

こんな風に日本語版を作る仕組みが
あったらと思います。

未公開キリスト教映画の日本語版製作に挑戦!!
​第1弾 ​映画「マリガン」
​クラウドファンディング 2月7日(火)AM9:00 
スタート!!
 https://readyfor.jp/projects/mulligan2023

映画「マリガン」チラシ裏

アメリカやヨーロッパでは、毎年一つはクリスチャン映画が製作されていますが、残念ながら採算が合わないことから、公開されない作品が沢山あります。また、キリスト教の伝道団体の経済的な基盤も弱く、日本語版を製作する余裕がありません。 そこで、皆様からクラウドファンディングを通して出資していただき、映画製作元との契約金(最低保証金)(全部または一部)、さらに日本語字幕入り原版製作費を賄って日本語版を完成させ、一人でも多くの皆さんに、良質のクリスチャン映画を日本語で観ていただこうという新しい試みです。

映画「マリガン」日本語版製作委員会実行委員長 小川政弘 

マリガンチラシ表最終.jpg

ストーリー

 主人公のポールは、ビジネス一筋で取引先を海外にまで伸ばし、大きな成功を収めていたが、それとは裏腹に家族関係は破綻し、妻と一人息子ジェイクとは別居中。彼はゴルフの腕も一流だが、人との付き合いを大切にせず、スコアばかり気にしているため、大きな壁にぶち当たっている。

そんな彼を心配した親友から紹介されたオールドプロ(老元プロゴルファー。演ずるのは懐かしのパット・ブーン)の月1回の個人レッスンが始まる。彼の中に、自分にはない何か不思議な魅力を感じたポールは、彼の指導で、ゴルフはもともとキリスト教精神から始まったこと、また、メンタル面での平静さが大切なこと、そのためには本当のキャディー的存在が必要なことを学んでいく。

彼は、結婚してジェイクが生まれた頃までは、妻に付き添って教会にも行っていたが、そこでの人間的なトラブルから、教会にも信仰にも背を向けていた。だがオールドプロの人間味あふれた穏やかな導きで、次第に彼の魅力の源はその信仰にあること、そして人生にも、ミスショットを帳消しにし、やり直しをさせてくれる”マリガン”的存在が必要であることに気づかされ、それがイエス・キリストであることを知った彼は、キリストを自分の心に受け入れる。

そこから、ゴルフだけでなく、彼の人生の全てが大きく変わっていく。ビジネス面でも、家族との和解の面でも、彼の驚くべき“やり直し人生”が始まったのだ――。

bottom of page