top of page

「映画ミニストリー」編 神の恵みとその裏話⑮

更新日:2022年1月29日

私が初めて教会に行ったのは、高校3年生の時でした。大学受験を控え、何のために生きているのかを悩みました。

家族や、友人にキリスト者がいないのに、なぜキリスト教会に行こうと思ったのかはわかりません。しかし何度も教会のドアの取手を触っては、入ることが出来ず家に帰りました。

初めての宗教の世界・・・、ドアの向こうに祝福があるのか、変な世界に引き込まれてしまうのではないかと、恐ろしかったからです。

映画「米子 生きるとは」チラシ

ある時、教会に映画伝道会のポスターが貼ってありました。「米子 生きるとは」という映画でした。高校生の米子さんが、母親の死をきっかけに、生きる目的を失い、電車に飛び込んだという自殺未遂の少女の実話です。

 私は、その上映会に勇気を出して出席しました。その