top of page

レーナ・マリア 編 神の恵みとその裏話 ③

更新日:2021年7月8日

生まれつき両腕がなく、左足は右足の半分の長さしかないというレーナさんは、1991年、テレビ朝日の『報道ステーション』の前進『ニュースステーション』でドキュメンタリー番組が放映され、メインキャスターだった久米宏氏が大変関心を持って何度か追跡番組を放送してくれました。随分前ですが、新任のスウェーデン大使が、日本に来るまでは彼女のことを知らなかったそうで、スウェーデン大使の名刺を出すと、必ず彼女の名前を聞かされて驚いたと挨拶されていたことを思い出します。

それ程、久米氏のおかげで本国より日本で影響力のある女性になりました。彼女がその番組で「アメイジング・グレイス」を歌っていたことから、クリスチャンに違いないと思い連絡を取り、その後一緒にコンサートやCD製作を行ってきました。彼女のことを初めから知っているのは、今は私くらいしかいなくなりました。

2020年は、オリンピック、パラリンピックイヤーですが、1998年の長野のパラリンピックの開会式で、レーナさんが賛美をしたことがとても心に残っています。その時、同時に芸術祭も並行して行われました。レーナさんは、