オレンジ.jpg

​当団体がかかわったお勧め映画

賛否両論あり

 ノア 約束の舟

ノアの箱舟.jpg

ある夜、ノアは眠りの中で、恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神の宣告だった。大洪水が来ると知ったノアは、妻ナーマと3人の息子、そして養女イラと共に、罪のない動物たちを守る箱舟を造り始める。やがてノアの父を殺した宿敵トバル・カインがノアの計画を知り、舟を奪おうとする。壮絶な戦いのなか、遂に大洪水が始まる……。

​聖書の内容をかなり大胆に解釈しているので、保守的な方々にとっては受け入れにくい作品。公開前、パラマウントや宣伝スタッフ約20名に「聖書のノアと映画のノア」の違いを解説する。

オレンジ.jpg

2014年製作/138分/G/アメリカ
原題:Noah
配給:パラマウント

​ジーザス・クライスト スーパースター

ジーザス・クライスト・スーパースター.jpg

聖書を題材にイエス・キリストの最後の7日間を描いたロックミュージカルである。ティム・ライスが作詞、アンドリュー・ロイド・ウェバーが作曲をそれぞれ担当し、1971年ブロードウェイで初演された作品の映画化。ひとりの人間として神や民衆の狭間で苦悩する「ジーザス・クライスト」と、その使徒の一人でありながら「裏切り者」の名を浴びて歴史にその名を刻むことになるイスカリオテのユダのふたりに、現代的な視点から「教団主導者には必須なはずの計画性に欠け、早すぎた聖者としての名声の上にあぐらをかいて、新しい方策を見いだすことができないジーザス」と「ジーザスに対する期待があまりにも大きすぎたゆえに、やがてそれは大きな失望となり、ジーザスの存在はローマ支配下にあるユダヤ人社会を危険にさらすものになりかねない、という危惧を抱くようになるユダ」という新しい解釈を加え、その愛憎に満ちた両者の関係に、マグダラのマリアとの愛情に満ちたもうひとつの関係を絡めて、鮮やかに描き出した作品である。「聖書に忠実ではない」「神に対する冒涜だ」など公開当初から道徳的な批判がある。

バナナ (1).jpg

1973年製作/112分/アメリカ
原題:Jesus Christ Superstar
配給:CIC

​最後の誘惑

最後の誘惑.jpg

『タクシードライバー』(1976)、『レイジング・ブル』(1980)、遠藤周作原作の『沈黙-サイレンス-』を監督したマーティン・スコセッシ作品。作は、ニコス・カザンザキスの小説(邦訳題は『キリスト最後のこころみ』)。イエス・キリストに、マグダラのマリアとの結婚から多くの子どもをもうけ普通の人間として死ぬという誘惑があったという解釈に基づいている。原作はキリスト教会から禁書扱いされており、映画制作時にキリスト教関連団体から抗議の声があがった。イエス・キリストを悩める人間として、ユダの裏切りを神の使命として描き、物議を醸した作品である。

バナナ (1).jpg

1988年製作/アメリカ
原題:The Last Temptation of Christ
配給:UIP

​ダビンチ・コード

ダビンチコード.jpg

ダン・ブラウンの小説『ダ・ヴィンチ・コード』を原作とする。監督はロン・ハワード、主演はトム・ハンクス、他にオドレイ・トトゥジャン・レノなどフランス人有名俳優も出演。2006年5月20日より全世界で同時公開された。日本では日劇1・3系で全国公開。また第59回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された。上映時間2時間29分。言語は英語フランス語。原作で著者は「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている。」と述べ、映画の製作者は「今世紀最大の話題作」だとしているが、イエスの婚姻関係および子供に関しての確たる証拠はない。現在も研究は続いているものの、史的イエスの構築すら困難を極めるほどに史料が根本的に不足しており、学術的かつ客観的結論を得るのはまず不可能であるため、原作含め学術的にはフィクション作品として扱われることが多い。ローマ教会(カトリック教会)イエス・キリストを冒涜したものだとして、ボイコットを呼びかけた。

バナナ (1).jpg

2006年製作/150分/アメリカ
原題:The Da Vinci Code
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

​マグダラのマリア

マグダラのマリア.jpg

新約聖書に登場するマグダラのマリアを主人公とする、ヘレン・エドマンソン(英語版)とフィリッパ・ゴスレット(英語版)の脚本に基づき、ガース・デイヴィス(英語版)が監督を務め、ルーニー・マーラがマグダラのマリアを、ホアキン・フェニックスがイエス・キリストを演じる。イエスの存在がマリアにとっては人生を変えさせるほどの救いになったことは表現されているが、脚色面が強すぎて、聖書にはないストーリーがある。

バナナ (1).jpg

2018年製作/120分/イギリス・アメリカ・オーストラリア合作
原題:Mary Magdalene

​ザ・ウォーカー

ザ・ウォーカー.jpg

最終戦争によって国家も文明も滅びた世界を旅する男(ウォーカー)イーライ(デンゼル・ワシントン)がいた。彼は、30年間もアメリカを西に歩き続けている。目的地は何処なのか、彼にもわからない。ただ、「本を西へ運べ」という心の声に導かれるままに歩き続ける。
一方、とある本を探し続ける独裁者の男カーネギー(ゲイリー・オールドマン)がいた。
彼は、旧来の秩序さえもが滅びたことを良いことに理想の町を作ろうと企てていた。
そして、イーライはカーネギーが仕切る町に立ち寄る。
カーネギーは探していた本をイーライが持っていることに気づき奪おうと企てるが…。
イーライはその本を暗記した。その本とは…。製作には『マトリックス』シリーズで知られるジョエル・シルバーが参加している。バイオレンスなシーンあり。

バナナ (1).jpg

2010年製作/118分/PG12/アメリカ
原題:The Book of Eli
配給:角川映画、松竹

​魂のゆくえ

魂のゆくえ.jpg

ニューヨークの小さな教会であるファースト・リフォームド教会で牧師を務めるエルンスト・トラー牧師は、自身の考えを年報に掲載する記事にまとめていた。トラーは書き上がったものに満足することができず、それを破り捨ててしまった。トラーは従軍牧師としても活動していたが、息子のジョセフの戦死をきっかけに活動から退くことになった。トラーの苦悶と自責の念は極めて強かった。そんな折、メアリーがトラーに、夫のマイケルと面談するように頼み込んできた。マイケルは極端な環境保護論者であり、メアリーに中絶を勧めてくるのだという。マイケルは「この世界は気候変動によって過酷なものになってしまい、もう元には戻れない。そんな世界に子供を産み落としたくない」と答えた。メアリーは夫のものと思われる即席爆弾を車庫で発見し驚愕する。その頃、教会では設立250周年を祝う式典の準備が進んでいたのだが…。本作は批評家からは絶賛されているようだ。G作品になってはいるが、その悲劇的な結末を理解するのは難しい。年齢制限してほしい作品。

バナナ (1).jpg

2018年製作/113分/G/アメリカ・イギリス・オーストラリア合作
原題:First Reformed
配給:トランスフォーマー

アダムズ・アップル

アダムス・アップル.jpg

仮釈放されたスキンヘッド男のアダムは、更生プログラムの一環で田舎の教会へ送られる。指導役の聖職者イヴァンは快く迎え入れるが、ガチガチのネオナチ思想に染まったアダムは神も人の情けも信じていない。ここで取り組むべき目標をイヴァンに問われたアダムは、教会の庭のリンゴで「アップルケーキを作る」とその場しのぎの答えを返す。だが、この教会はどこかおかしい。ここに住みついた2人の前科者、パキスタン移民のカリドとメタボ男のグナーも、実は悲惨な人生を歩んできたイヴァンも…。アダムはイヴァンの自己欺瞞を暴こうとするが、時同じくしてアダムのアップルケーキ作りを妨害するかのように、災いが次々と教会に降りかかる。それは悪魔の仕業か、それとも神が人間に与えた試練なのか……。ヨブ記で語られる「高潔な人にも訪れる不幸や試練は、罰なのか」を問いかける作品。PG12 作品、要注意。

バナナ (1).jpg

2005年製作/94分/PG12/デンマーク・ドイツ合作
原題:Adam's Apples
配給:アダムズ・アップルLLP

聖なる犯罪者

聖なる犯罪者.jpg

少年院に服役中のダニエルは、前科者は聖職に就けぬと知りながらも、神父になることを夢見ている。仮釈放となり田舎の製材所で職を得たダニエルはふと立寄った教会で、新任の司祭と勘違いされ司祭の代わりを命じられる。司祭らしからぬダニエルに村人たちは戸惑うが、徐々に人々の信頼を得ていく。数年前、この村で起こった凄惨な事故を知ったダニエルは、心に深い傷を負った村人たちを癒そうと模索する。そんな中、少年院にいた男が現れすべてを暴くとダニエルを脅し、事態は思わぬ方向へと転がりだす…。実際のモデルがあり、村人の対立から十字架の和解を描いており、現代社会、教会に必要なメッセージが込められている。暴力とSEXシーンがあり、R18 指定なので注意。

バナナ (1).jpg

2019年製作/115分/R18+/ポーランド・フランス合作
原題:Boze Cialo
配給:ハーク

 
 
 
 
 
 
リンゴ.jpg
​お勧め映画
バナナ (1).jpg

​ご紹介映画

 
 

*ポスター画像をクリックすると,ホームページ、予告編のWebサイトが開きます。(全てではありません)

 
 

クリスチャン映画 Information