ドラマ (国内)

​沈黙-サイレンス―

沈黙.jpg

『沈黙 -サイレンス-』は、遠藤周作小説沈黙』を原作とする。監督はマーティン・スコセッシ​。

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教 (信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは 日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。

日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の 井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。そして次々と犠牲になる人々―

守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―

オレンジ.jpg

2016年製作/162分/PG12/アメリカ
原題:Silence
配給:KADOKAWA 

 ​塩狩峠 

塩狩峠DVD.jpg

明治42年2月28日に北海道の塩狩峠にて、実際に起こった列車事故をもとに三浦綾子が書いた小説が原作。監督は中村登。脚本は楠田芳子。名寄から札幌に向かっていた汽車が塩狩峠をのぼりはじめ、頂上あたりにさしかかったころ、突然、最後尾の車両がはずれ、逆走してしまう。そのとき、この車両にのっていた永野信夫(当時旭川運輸事務所庶務主任)が、乗客を命を救ったのだが・・・。信夫は、カリエスを患う友人吉川の妹ふじ子を励まし、二人の間に愛が芽生えた。そしてその日は、結婚式だった。「愛」「信仰」を現代の私たちに問う。文部省選定作品。

オレンジ.jpg

1973年製作/104分/日本

原題:塩狩峠

配給:松竹・ワールド・ワイド映画

​海嶺

海嶺.jpeg

三浦綾子の史実に基づいた同名小説を、貞永方久が脚色(緒川浩一と共同)・監督。  天保三年。大阪で米を満載し江戸へ向かって出航した宝順丸は、途中で荒れ狂う嵐に遭遇した。十一人が命を落とし、岩吉、音吉、久吉の三人だけがアメリカ大陸に漂着する。インディアンに捕らえられ奴隷として扱われるが、マクラフリン博士に助け出され日本へ帰れる運びとなった。船はハワイからロンドンとマカオを経由して日本へ向かうことになり、マカオで出会った宣教師のギュツラフから聖書の日本語訳を頼まれるのだが、ときはキリスタン迫害の時代。三人は躊躇する。そして、漸く日本の姿を見る彼らに、日本は非常な行動を取った。西郷輝彦、竹下景子、そして、カントリーウェスタンの大物、ジョニー・キャッシュが出演。

オレンジ.jpg

1983年製作/137分(劇場版)、96分(DVD短縮版)/日本

現代:海嶺
配給:松竹・ワールド・ワイド映画

僕はイエス様がきらい

僕はイエス様が嫌い.jpeg

『僕はイエス様が嫌い』は、カンヌ・ベルリン・ベネチアに続いて権威のある国際映画祭とされるスペインのサンセバスチャン国際映画祭(第66回)にて、最優秀新人監督賞を史上最年少となる22歳で受賞という快挙を達成。その後もスウェーデンのストックホルム国際映画祭(第29回)において最優秀撮影賞を受賞、また、中国のマカオ国際映画祭(第3回)ではスペシャル・メンションを受賞。フランス・スペイン・韓国では既に劇場公開が決まっている話題作。祖母と暮らすことになった少年ユラは、東京から地方のミッション系の小学校に転校する。毎日の礼拝に困惑する彼の前に、とても小さなイエス様が姿を現す。ユラ以外の人には見えないが、いつも彼の願いをかなえてくれるイエス様をようやく信じかけた矢先、彼に苦難が降り掛かる。

オレンジ.jpg

2019年製作/78分/G/日本

配給:ショウゲート

​教誨師

教誨師.jpeg

プロテスタントの牧師、佐伯保(大杉漣)。彼は教誨師として月に2回拘置所を訪れ、一癖も二癖もある死刑囚と面会する。無言を貫き、佐伯の問いにも一切応えようとしない鈴木(古舘寛治)。気のよいヤクザの組長、吉田(光石研)。年老いたホームレス、進藤(五頭岳夫)。よくしゃべる関西出身の中年女性、野口(烏丸せつこ)。面会にも来ない我が子を思い続ける気弱な小川(小川登)。そして大量殺人者の若者、高宮(玉置玲央)。佐伯は、彼らが自らの罪をしっかりと見つめ、悔い改めることで残り少ない“ 生” を充実したものにできるよう、そして心安らかに“ 死” を迎えられるよう、親身になって彼らの話を聞き、聖書の言葉を伝える。しかしなかなか思い通りにはいかず…。故大杉漣の最後の主演作にして初プロデュース作。

リンゴ.jpg

2018年製作/114分/G/日本

配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム

​氷点

氷点.jpg

作家三浦綾子のデビュー作「氷点」が原作。何度もテレビドラマ化され、その都度陽子役の女優に注目が集まった。キリスト教の概念である「原罪」が重要なテーマ。昭和21年(1946年)、旭川市在住の医師辻口啓造の夏枝が村井靖夫と密会中に、佐石土雄によって3歳の娘ルリ子が殺されてしまう。啓造は夏枝を詰問することもできず、内に妬心を秘める。ルリ子の代わりに女の子が欲しいとねだる夏枝に対し、啓造はそれとは知らせずに殺人犯佐石の娘とされる幼い女の子を引き取る。女の子は陽子と名付けられ、夏枝の愛情を受けて明るく素直に育つ。陽子が小学1年生になったある日、夏枝は書斎で啓造の書きかけの手紙を見付け、その内容から陽子が佐石の娘であることを知る。夏枝は陽子の首に手をかけるが、かろうじて思いとどまる。しかし、もはや陽子に素直な愛情を注ぐことが出来なくなり、給食費を渡さない、答辞を書いた奉書紙を白紙に擦り替えるなどの意地悪をするようになる。一方の陽子は、自分が辻口夫妻の実の娘ではないことを悟り、心に傷を負いながらも明るく生きようとする。しかし…。

リンゴ.jpg

1966年製作/107分/日本
原題:氷点
配給:大映

ダウンタウン物語(1981年のテレビドラマ)

ダウンタウン物語.jpg

横浜の港町、下町にあるスナックと貧しい教会を中心に物語が展開していくテレビドラマ(15話)。風見呼子(桃井かおり)はスナックの歌手兼ホステス。スナックは元々呼子の母・蘭子(岡田茉莉子)のものだったが、蘭子は傷害事件を起こし服役中、スナックは代わっての呼子が切り盛りしている。その呼子と貧しい牧師・塩谷伊作(川谷拓三)との紆余曲折ある恋物語を描く。物語はクリスマス・イブに流産で苦しむ呼子を伊作が助けるところから始まり、自分も貧しいながらも、苦しい境遇の人たちの為に全力で仕える牧師が奮闘する。彼の語ることばが人々を励ましていく。夏目雅子、岡田茉莉子、西田敏行、田村亮ら豪華キャスト、またこのドラマは佐藤浩市さんの民放デビュー作品。脚本は、市川森一。主題歌の『バイバイ子守唄 ―ララバイ―』は、桃井かおりと荒木一郎 (作詞・作曲:荒木一郎)が歌った。

バナナ (1).jpg

1981年製作/各54分/日本
制作:日本テレビ

マイ・ダディ

マイ・ダディ.jpg

映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM(以下、TCP)」 の2016年準グランプリ受賞企画 『ファインディング・ダディ』 が、 『マイ・ダディ』 というタイトルで遂に映画化。なんと本作が “初の主演映画” となる ムロツヨシ が主演。聖公会のとある小さな教会の牧師・御堂一男(ムロツヨシ)は、中学生になる一人娘を男手ひとつで育てている話。男は小さな教会の牧師をしながら、ガソリンスタンドでアルバイトに励みつつ、ひかりを男手ひとつで育てている。思春期に突入したひかりはちょっぴり反抗的な時もあるが、優しくて面白いお父さんのことが大好き。牧師として多くの人に慕われ、たまに娘と些細な喧嘩をしながらも、2人の穏やかで幸せな日々は続いていく……と思っていた、ある日、突然ひかりが倒れてしまう。そして…。最初のシーンで、教会員に「聖書を全巻読んだことある人」と教会員に呼びかけるが、誰も手を挙げなかったのは現実?

バナナ (1).jpg

2021年製作/116分/G/日本
配給:イオンエンターテイメント

正義の天秤

最後の天秤 タテ.jpg

亀梨和也が主演を務める土曜ドラマ『正義の天秤で、山口智子が演じるのは、東京都北区・師団坂付近にある師団坂教会の女性牧師・冨野静子。師団坂法律事務所の創設者でキリスト教徒の佐伯真樹夫(中村雅俊)とは旧知の仲であり、幼いころに母親を亡くした真樹夫の娘・芽依(奈緒)のことを、母親のように公私にわたり気にかけている。同じく幼いころから教会の日曜学校に通っていた雨宮久美子(大島優子)に、真樹夫を紹介したのも静子である。鷹野とは、雨宮の紹介で知り合った。真樹夫亡き後、鷹野と雨宮、芽依のことを優しく見守っている存在だ。

バナナ (1).jpg

2021年製作/各50分 全5回

​放送:NHK

 
 
 
 
 
オレンジ.jpg

​当団体がかかわったお勧め映画

リンゴ.jpg
​お勧め映画
バナナ (1).jpg

​ご紹介映画

 

*ポスター画像をクリックすると,ホームページ、予告編のWebサイトが開きます。(全てではありません)

 
 
 

クリスチャン映画 Information