top of page

映画「タミー・フェイの瞳」編 テレビ伝道者の栄光と失墜の物語 神の恵みとその裏話⑯

更新日:2022年3月29日

今から、25年ほど前になります。当時勤めていた「いのちのことば社」 のスタッフ研修として、中川健一先生の主宰する裾野市の「ハーベストタイム」 におじゃましました。そこで、テレビ伝道の歴史について先生に講義していただきました。

今は、ネットで誰でも簡単にキリスト教作品を配信することができますが、当時はテレビを通してしか番組を各家庭に届けることは出来ませんでした。そして、テレビでキリスト教のような宗教番組に放送枠をもらうということは資金的に奇跡に近い状態でした。

テレビ東京が、東京12チャンネルという名前で放送していた頃に、放送番組が足りなかったためか、1975年からレックスハンバード世界宣教団がスポンサーとして「明日のへ希望」 という番組が放送されました。