top of page

「ワーシップコンサート」編 神の恵みとその裏話 ⑧

更新日:2022年2月22日

ギターやドラムなどの楽器を使って賛美をする、いわゆる『ワーシップソング』を取り入れている教会も増えています。しかし、1980年ごろの日本の教会では、ギターを弾いて賛美することは、世俗的と言われ非難されていました。

その頃、アメリカの代表的なワーシップリーダーは、ドン・モーエンとロン・ケノリーです。 私はアメリカに何回か行かせていただいて、彼らのワーシップコンサートに参加しました。聖霊による解放された時間、神の臨在を感じる素晴らしいコンサート、しかも音楽的にも一流です。是非、日本のクリスチャンにも体感してほしいと、日本でのコンサートを依頼しました。


1 999年の夏に突然、インティグリーミュージックより、10月にドン・モーエンチームがシンガポール、韓国を回るアジアツアーを予定しているが、1日なら日本に寄ってコンサートをしても良いとの連絡が来ました。</